BLAX in my new york (EXHIBITION TOKYO 2018) / GENTA TANAKA

September 25,2018 /

ko_20180923_kiji_01 今週、9月24日からの7日間、釧路在住の絵描き田中源太氏の個展「BLAX in my New York」が東京の梅ヶ丘「Quintet」で行われている。一昨年、仲間たちに背中を押されるように旅に出たというニューヨークでの体験に基づく作品が中心に展示されているようだ。 数日前から東京の滞在先で新たな一枚に取りかかるということを聞き様子を見に伺った。 いつも通りの笑顔で迎え入れてくれた部屋の奥には、製作中のキャンバスが立てかけられており、biggieがこちらを見据えていた。ヒップホップ東西抗争の中、爆発的なヒットをかましたカリスマの顔が絵の具を塗り重ねるようにして描かれていた。 画面上に空白が残っているので聞くと、ここから先の作業は、今まで続けて来た写実的なフォームを壊した新たなタッチで描き進めるつもりということだった。「息子が見せてくれた奔放で迷いのない絵」や「棟方志功が悩んでいた時期に残した肉筆画」に触れたことがきっかけなのだと語ってくれた。よりパーソナルでオリジナリティのある世界観を表現するということだろうか。きっとそれは容易なことではなく、何かしらの覚悟を伴う作業のように思える。 この最後の一枚、引き続き展示会場となる梅ヶ丘の「Quintet」で製作を続けるという。 どんな仕上がりになるかは想像がつかないが、田中源太を取り巻く「今」の空気感をまとったライブ感ある一枚になることは間違いないだろう。 是非、田中源太氏の作品を直に体験して頂きたい。 GENTA TANAKA 東京個展 『BLAX -in my New York-』 9.24(月)〜9.30(日) 14:00〜29:00 梅ヶ丘Quintet 東京都世田谷区梅丘1-15-9 スペース88 B1 kingrafix.com ko_20180923_kiji_02
Share Button

Kosuke Maki

Kosuke Maki

1979年生まれ。「GAIMGRAPHICS」のデザイナー・イラストレーター。レゲエバンド「GARAGARA」ではギター担当。「ALL DAY MUSIC」では「COSTELLO」としてDJを始める。

CLOSE