FANTASTIC #15 "WAKAYAMA"

November 10,2017 /

171110_fantastic_entry_top 深夜車で家を出発し、二人を迎えに行く。 はじまりはだいたい静かだ。 2人の家に行くまでだいたい40分かかる。 その間は一人旅。 7人乗りのクルマは、無邪気な3人を乗せ、和歌山まで向かう。 途中ナガシマスパーランドを通り過ぎたのだが、名前だけ知っていたので、1人ですごくあがっていた。 朝の九時頃に和歌山市に着き、コンビニで休憩。 アイスのストッカーにグリーンソフトという見たことないアイスを見つける。 早速いただき、和歌山を感じ始める。 そして僕らは朝食の食べれる店を探す。 ナビ役の工場長が見つけたのが竹内食堂。 広い駐車場に飾っ気のない建物。 暖簾をくぐり、店内を見渡す。 店内のお客さんはまばらだけど、厨房の中で沢山のお母さん達が忙しく仕込みをしている。 ランチタイムの賑わいが目に浮かぶ。 整然と並ぶおかず達を自分で取っていくスタイルで、自分のお腹と相談しながらお盆におかずをのせていく。 いつも思うが、自分で好きなモノを取ってきたはずのお盆より、誰かのお盆の方がうまそうに見えるし、きれい。 そんなこと思いながら食べてみるとどれもうまい! 壁に「黄そば」と書かれた札を見つけ、何だかわからないのですごく食べたかった。 が、こらえた。次来た時のために今日は我慢。 にしても「黄そば」ってなんだ? お腹を満たした3人は、生地問屋さんからすすめられた紀三井寺を目指す。 長く急な階段をそれぞれのペースでのぼり、和歌の浦を見渡したり、本堂で線香をあげたり、宝物館の最下層にあるしゃもじの部屋にビビったりしていた。 それにしても暑い日で、本堂を後にした僕らは、参道にあった常夜燈という喫茶店でアイスコーシーをぐびぐび飲んだ。 まだ予定まで時間があったので、約束の場所の近くにある神社に車をとめて仮眠しようと、竈山神社にむかう。駐車場にあるいい木陰には、同じことを考えている人たちがちらほら。そんな地元の人たちに紛れて、自分たちも木陰を得る。 約束の時間となり、約束の場所に行く。 通された部屋の窓から外を見ると、稲穂を風がなでる。 風の姿を久しぶりに見た気がする。 そして僕たちは職人の親子と初めて対面したのだった。 楽しい時間というのはあっという間で、気づくともう夕方になろうとしてる。 再会を約束し、後ろ髪をひかれる僕たちが最後に口にしたのが「和歌山ラーメンが食べたい」だった。 すると息子さんが「連れて行きます」と車で先導し、僕たちを丸三というラーメン屋まで連れて行ってくれた。 卓上に早なれ寿しと巻きずしが置かれ、ラーメンと一緒に食うのが和歌山ラーメンの特徴のひとつ。 僕はどっちの寿司を選択するのか迷い、結局両方いただく。 ラーメンも寿司もすごくうまかった!もちろんスープも飲みほした。 おかげで思い残すことなく僕らは和歌山を後にし、帰路につくのだった。 帰りはやはり眠い。往路より車内は落ち着いているが、和歌山で受けた刺激のせいでどこか興奮している。 新東名に入り運転をしているこーちゃんの地元である岡崎にサービスエリアがあることに気付き、寄ることにする。 そしてサービスエリア内のフードコートで名古屋名物の矢場とんを見つける。しかしこーちゃんに「岡崎名物ならこっち!」と大正庵釜春の八丁味噌煮込みうどんをすすめられ、迷わずいただく。こーちゃんの言われた通りにして間違いなかった。となりで工場長が食べてた八丁味噌の野菜ラーメンもうまかった。 なんてことしながらどんどん車を走らせる。 やがて二人を降ろす。 ここから家まではだいたい40分かかる。 その間は一人旅。 深夜家に着くと晩ごはんがラップしてあった。 終わりもだいたい静かだ。 ORGANIC COTTON TEE ORGANIC COTTON TEEの生地は、和歌山で作られています。その後千葉で縫製され、僕たちの手元に届きます。(あ、だから和歌山に行ったのか!)その通りです。
Share Button

smallest

smallest

MC・DJ・プロデューサー。 東京出身。音楽を中心に生活をしている。 LIKE THIS SHOPの店長。 トリカブトのMCとして活動していた時にgaimgraphicsと出会う。 2010年にgaimgraphicsに加入。 Hip Hopを軸にし、世界中のダンスミュージックをディグるバンド、「Dig Dynamics Hip Hop doo-dah Band a.k.a. DIG DEE」のリーダー。 チップチューンユニット「Super Stars」のMC。 「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」のNO SIGHT役。 俳句集団「傍点」同人。 落語好き。 趣味は蒐集すること。 最近、DJの時はXXXSMALL、店長の時はアクツと使い分けている。

CLOSE