FANTASTIC #03 "P.toys"

October 08,2016 /

160923_fantastic_entry_thum こんにちはLIKE THIS SHOPのアクツです。 長崎県の大村湾に面した場所にある千綿駅。 駅舎からホームに向かう扉を開くと、大村湾に向けて階段が伸びている。 なんて不思議で美しい光景。 日本でも有数の「海に近い駅」らしい。確かに近い。 こんなにきれいと思った駅は初めてだった。 感動して騒いでいる僕に、連れて行ってくれた友人は一言。 「通学で使ったりしてた駅だから、普通の光景と思ってた」 この友人が東彼杵を拠点に木のおもちゃやドールハウス、家具やツリーハウスなどを製作したり、子供たちから大人たちまで楽しめるワークショップを開催しているP.toysの山田孟(以後マウ)である。 お父さんが立ち上げ、マウは二代目。 26文字セットの販売を開始した、LIKE THISオリジナルのアルファベットブロック「BABEL」の、材の仕入れから製造を受け持ってくれているのがマウだ。 東京で出会い、かれこれ10年くらいの付き合い。 そんなマウの地元に、やっと行くことが出来た。 穏やかな大村湾を望む場所に、築85年くらいの大きな屋敷を借りてマウは住んでいる。 今日のお宿はここ。 使っていない20畳の部屋、急な階段、どでかい金庫(中身空っぽ)、欄間の彫刻、ふむ、すべて「時代」がついている。 「実家はここからもう少し上ったとこで、築120年以上の家だよ」 実家の方が古くて、なんか安心した。 マウのお母さんが食事を用意してくれているという事で、さっそく築120年のおうちへ。 マウの両親と一匹(パッド)に挨拶をすませ、土間に通された。そこはなんていうか自由な空気のする土間だった。水場にかわいいタイル、年季の入ったカマド、パンにスープ、サラダにポテト。 とてもあたたかく、素晴らしいランチだった。 土地の物を食べると、どんどん自分がその土地になじんでいく気がする。 デザートは、近くの農家から頂いた苺がゴロゴロ乗ったお母さん特製のケーキ。 「外のデッキで食べよう」とお父さんがいい、みんなで土間からデッキに移動。 靴を脱がないまま土間で食事をしていたから、「外に出よう」と言われてもすごく気軽に外に出られた。 土足の生活もいいって思えた瞬間だ。 デッキで大きめに切り分けてもらったケーキを食べながら、話を聞く。 このデッキはもともとステージ用に建てたもので、お父さんがいろんなミュージシャンを呼んでライブをしてもらっているらしい。 マウの実家によく居たミュージシャンの一人が高田渡さんだという。 「いつも酔っぱらってるんだけどギター弾くとすごくうまい、と思ってたおじさんが渡さんだった」 という話をマウから聞いたことがある。 すげーいい時間が流れる。居心地がいい。 居着いてしまう理由がわかる。 そんな家の片隅に工房がある。 寝たり起きたりすること、食事すること、風にあたること、音楽を楽しむこと、モノを作ること、全てが平行にある感じがした。印象的だったのが、「いいなと思ったモノを見ると、それをどう作るか考えちゃう」という事。モノづくりの人たちの視点だと思った。 そしてこんな時間が流れる工房でBABELは作られているのだ。 ※BABEL BLOCKの26文字セット販売を始めました※

BABEL BLOCK A to Z

P.toys

NPO法人 少年山荘

Share Button

smallest

smallest

MC・DJ・プロデューサー。 東京出身。音楽を中心に生活をしている。 LIKE THIS SHOPの店長。 トリカブトのMCとして活動していた時にgaimgraphicsと出会う。 2010年にgaimgraphicsに加入。 Hip Hopを軸にし、世界中のダンスミュージックをディグるバンド、「Dig Dynamics Hip Hop doo-dah Band a.k.a. DIG DEE」のリーダー。 チップチューンユニット「Super Stars」のMC。 「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」のNO SIGHT役。 俳句集団「傍点」同人。 落語好き。 趣味は蒐集すること。 最近、DJの時はXXXSMALL、店長の時はアクツと使い分けている。

CLOSE