ORE NO FAMICASE EXIHIBITION ARCHIVE

April 03,2015 /

今年も始まりました。『わたしのファミカセ展』!2015!11年目に突入です。ファミ展といい、ファミ詣といい、長く続いていてすごい!そして、ぼくも頑張って皆勤です。 今年もどうにか締め切りギリギリに出展できました!なのでぜひぜひメテオに行ってみてください! の前に、今回は今までのファミ展アーカイブをぜひもう一度見てほしい!てことで勝手に「おれのファミカセ展」アーカイブやっちゃいます!メーカー名はタタラバソフトです。昔は従業員が何人かいたのですが、今ではたった一人に。それでも年に一本はタイトルを出している。(ていう設定!)

CYCLE〜食物連鎖〜

2007年 「CYCLE〜食物連鎖〜」 このゲームの目的は、種を繁栄させること。たくさんの子を産み、種の繁栄を目指すアクションゲーム。草原、森、海編の3つの環境の中からひとつ選び、さらに様々な動物の中から、一匹を選択。例えば、草原編のシマウマを選んだアナタは草を食べ、運動し、寝て日々を過ごす。もちろん途中でライオンに襲われるかもしれない。食われたら土に還ってゲームオーバー。ライオンにはかなうはずもなくはないが、仲間を犠牲にして逃げましょう。アナタには使命があるのだから。それもひとつの種の保存方法です。お気に入りのメスを見つけ、子を産むのもよし。たくさんのメスを囲うもよし。それなりの力がないとそれは難しいのだが。そして子を産み繋ぐ。また、草原編のライオンを選んだアナタはシマウマやガゼルといった草食動物を食べ、力をつけよう。ライオンの縄張り争いがあるのだから。それによりメスがとられてしまうかもしれない。それもひとつの自然の形。が、アナタは強くなって子を産み繁栄させるという使命があることを忘れてはならない。他にもヌーやキリンといった草原の動物編、森編はトラ、オオカミ、鹿や猿、海編にはシャチ、イルカ、カツオ、イワシなどが選べる。

(後日談)今から8年前!のソフト。白いソフトが特徴のタタラバシリーズ第一弾。この後発売されたPS2の「TOKYO JUNGLE」はこのソフトを見てインスピレーションを受けた人が作ったんじゃないかと勝手に思っています。ゲームの解説読み返してみるとやたらと子を産めと言っていてそんな欲求不満だったの?と言いたい。おもしろそうですね。

COSMOS ~宇宙漂流~

2008年 「COSMOS ~宇宙漂流~」 このゲームの目的は宇宙の果てを目指すこと。様々な困難を乗り越え誰も行ったことのない果て を目指す新感覚のシュミレーションゲーム。宇宙飛行士になったアナタがまず最初にすることはノウハウを覚えること。非常に重要です。経験を積み月、水星、木星や冥王星など順に遠い星を目指します。さらに太陽系銀河を越え、アンドロメダ星雲をも越えましょう。果てしない旅です。食料は足りないように、とはいえ持ちすぎないようにしましょう。限られた時間でどこまで行けるか。メンバーも重要。船長、パイロット、船外活動スペシャリスト。あらゆる人物の中からプロを探しましょう。中には鬱になってしまう人や宇宙白血病になってしまう人もいるでしょう。その時あなたはどう決断するか。それが後の旅に影響を及ぼすでしょう。向かう先には未知の星がたくさん。ブラックホール、サルガッソー、誰も行ったことの無い場所へ。中には宇宙人がいるやもしれません。

(後日談)タタラバシリーズ第二弾。宇宙飛行士をモチーフにしたゲーム。サルガッソーは21エモンで有名な宇宙飛行士(名前忘れた)と21エモンが宇宙の旅をしているときに初めて知りました。テキスト淡々としてていいですね。「2001年宇宙の旅」のHALみたいで。おもしろそう。

CLIMB ~最高峰登攀~

2009年 「CLIMB ~最高峰登攀~」 世界の山を制覇しろ。七大陸最高峰を制覇して伝説の冒険家になろう。アナタは一人の冒険家としてただひたすら山の頂上を目指す。まずやるべきことはトレーニング、そして持ち物、装備を整えることそして現地でポーターを雇うこと。どのくらいの大きさのザックに食料、水、登山靴、防寒具、ストック、テント、寝袋、酸素ボンベ、スノーシューなど、どれくらいもっていくのか。自分の体力に合わせて荷物を選ぼう。あまりに多いと体力の減少が早く後に苦しくなっていく。とはいえ、食料や水が尽きることはさけなければならない。ポーターは体力のあ る信頼できるポーターを雇おう。山には危険な場所がたくさんある。危険な崖、そこが見えないクレバス。時にはクライミングをしなければ行けない壁もでてくる。何日も吹雪で動けないかもしれない。だが、その厳しい山々を登頂したときの感動は何物にも変えられない。目指す山は七大陸の最高峰。そして8000m級のヒマラヤ山脈。すべての山を制覇することができるだろうか。

(後日談)タタラバシリーズ第三弾。まあ、今思えばありそうなタイトルですね。というかありますね。登山ゲー。シュミレーション好きな友達がやってました。これはどこかの海外の人が実際に同人ゲームを作ってくれました。まあ、おもしろそう。

CARAVAN~大貿易風~

2010年 「CARAVAN~大貿易風~」 世界をまたにかけたキャラバン隊は今日も広大な砂漠をひた進む。アナタは商品を運ぶキャラバン隊の隊長。様々な商品を運んで大キャラバン隊を目指す。まずは依頼を受けよう。町の商人、職人はもちろん、コックからは黒胡椒を頼まれたり、奴隷商人から奴隷を運ぶような怪しい依頼など大きい商品から小さい商品まで様々。受けるも断るもアナタ次第。商品を無事に運んで名声を得れば大きな仕事が舞い込んでくるだろう。大富豪から依頼が舞い込んでくることも。ただ、無事に商品を届けるには様々な困難が待っている。砂漠を歩くだけでも危険なのに、盗賊に襲われバトルをすることも。狼や猛獣、もしかしたら見たことも無い化け物が襲ってくるかも。キャラバンを組織するには屈強な剣士、足の速いセッコウ、荷物をたくさん運べるラクダなどを見極め、雇う必要がある。行く先にはすばらしいこともたくさん。美しい大自然、人がにぎわうオアシス、大宮殿に湯浴みするハーレムたち。アナタは旅をするうちに様々な経験を重ね、名声を得て、大キャラバン隊をつくることができるだろうか。

(後日談)タタラバシリーズ第四弾。ここまで実は頭文字がCで統一されています。Cの頭文字でなんか無いかなーって考えて思いついたモチーフです。キャラバン隊。シルクロード。ハーレム。ここでも欲求不満ですね。ロマンあっていいですね。やってみたいですね。おもしろそうですね。

CULTIVATE~開拓前線~

2011年 「CULTIVATE~開拓前線~」 新たな土地を開墾し子を遺し次に伝える。この未開の地がいずれは大きな村となるその 時まで。アナタは家族を連れてとある未開の地へやってきた。わずかな仲間もいる。そこには森が山が岩がそこかしこにある。他には何もない。アナタは言う。「今日からここを私たちの家にしよう。」―― 開拓がはじまる。荷物はテント、わずかな食料、ぼろい鍬と斧。逞しく儚く生きるしかない。アナタはこの地に繁栄をもたらすことができるだろうか。

(後日談)タタラバシリーズ第五弾。これも頭文字がCでした。がんばってますね。もうネタ尽きてきました。テキスト数が減っていますね。実はファミ展は250文字までというシバリがあったのですが、完全に無視してました。すいません。だってゲームの説明したいんだもん。けどここはがんばって文字数を減らしています。イマイチ目的がぼんやりとしてしまったなーというソフト。まあまあですね。

MATAGI~マタギ~

2012年 「MATAGI~マタギ~」 ~雪深い山の中に一人の男と一匹の犬。その地には語り継がれている凶暴な巨熊がいる。奴を殺す。それだけがこの男の生きる意味。理由はとうに忘れた。仲間もいなくなった。それでも山の神に祈りを捧げ今日も降り積もる雪の白い世界を彷徨う~ アナタと犬は奴を殺すために、山の中を行く。奴には多くの部下がいる。奴に辿り着くにはそいつらとも対峙するだろう。山には他にもたくさんの動物がいる。鹿、猪、兎、狼。食いつなぐために 彼らの命をいただく。足跡をトレースしたり、待ち伏せしたり。犬の嗅覚を便りにしてもよい。アナタは犬と助け合い、奴を殺すことができるだろうか。

(後日談)タタラバシリーズ第六弾。まだまだ続きます。ちょっとデザインの雰囲気変わりました。変えました。TATARABAのロゴも変わっています。渋いソフトですね。これは完全に流れ星〜銀牙〜ですね。モデルは竹田のじっさまですね。おもしろそうですね。これも海外のどなたかが勝手に同人のゲームを作ってくれました。すんげー広い白い雪のマップを歩いていって迷子になりました。世界観やサブキャラの犬もとても良い感じだったし惜しい作りでした。

FISHERMAN ~大漁師宴~

2013年 「FISHERMAN ~大漁師宴~」 大海には伝説の巨大な白い鯨がいる…。様々な魚を穫り世界の海を制覇しろ。アナタは一人の漁師だ。一人前になり船長になる。金を貯めて船を買い、名前を付け、強化し、クルーを雇い協力し、漁をする。漁の方法は様々。網上げ、一本釣り、はたまた銛か。船団を組むのもいい。ひたすら魚を水揚げして卸す。小さな魚から大きな魚へ。鰹、鮪、カジキ、鮫…。海の恵みに祈りをささげろ。大漁旗を掲げろ。危険は多い。嵐や時化、海賊、中国船、シーシェパード。無事港に帰り女を抱け。それも大事なことだ。あなたは世界の海をまたにかけ、いつの日か伝説の白鯨を穫ることができるだろうか。

(後日談)タタラバシリーズ第七弾。ちょっと多いですね。さすが11年やってるだけのことはあります。山の猟師ときて、次は海の漁師ですね。熊の次は鯨ですか。「無事港に帰り女を抱け。それも大事なことだ。」といってますね。ストレートですね。欲求不満ではないのです。それが『生きる』ということなのです。ずっとそういうテーマなのです。たしか。

STRAYS ~KING OF 野良~

2014年 「STRAYS ~KING OF 野良~」 とあるダウンタウン。そこは多くの野良が覇権をかけ血で血を洗う戦いを繰り広げていた。これは今を謳歌する STRAYS(野良野郎共)の讃歌!!! 主人公(犬猫から選択可能。)はある日、とある野良のお願いを聞くことになり、そのせいでどんどんその抗争に巻き込まれて行く。やがて、はぐれ野良や、四 天王野良、そしてトップに君臨する覇王野良との戦いを余儀無くされていくのだった。網状のマップ(くにおくんの時代劇のようなマップ)を、目的地を探し目 的を達成していこう。もちろん中には敵もいる。そしてボスもいる。主人公の初期技は犬は「まっはかみかみ」、猫は「まっはひっかき」。中には仙人野良がお り条件次第で技を学ぶことができる(ケルナグールのような)。幻と呼ばれる絶の技を使える仙人がいるらしい。2人(匹)同時プレイが可能。

(後日談)タタラバシリーズ第八弾。去年です。最後です。かなり雰囲気違ってますね。ついに黒いソフトにしました。ドラクエ3みたいですね。狙ってました。ロゴも変わっていますね。これのイメージはくにおくんです。もはや説明で言っちゃってますね。くにおくんがおもしろかったんでそれの野良犬猫版です。さらにまた流れ星〜銀牙〜はいってますね。くにおくんの流れ星〜銀牙〜版ですね。そこに少年が大好きな四天王やら覇王いれて。。。みたいな感じで作りました。やってみたいですね。おもしろそうですね。最近、web漫画で野良猫のクローズみたいな漫画があってこの作者はこのソフトみたんじゃないかと勝手に思っています。また。

といった感じで2007-2014のおれのファミカセ展アーカイブでした。全体的に気に入ってます。おもしろそうですね。LIKE THIS!

『わたしのファミカセ展2015』 今年も始まります。5月からメテオでやっております。ぜひぜひ行ってみてください。 吉祥寺METEOR こちらで開催いたします! Flashサイト『わたしのファミカセ展 クロニクル』 ここで今まで全部のファミカセ展の出展カセットアーカイブが見れます。
Share Button

Dan Kato

Dan Kato

gaimgraphics所属。デザイナー、アートディレクター。岐阜県出身。ゲーム、アニメ、漫画、野球を見たり、釣り、俳句を嗜む。動物が好き。フレンチブルドッグのパンと同居。

CLOSE