MAMA AFRICA / GENTA TANAKA

January 27,2015 /

GENTA TANAKA氏のペインティングムービー第2弾「MAMA AFRICA」。 年末の爆弾低気圧の中、一度はフライトを見送った東京来訪のタイミングに、タイトなスケジュールにも関わらず、LIKE THISに立ち寄ってもらいました。今もなお現在進行形のブラックスの自由への歴史にインスパイアされたジャムセッション。前回に続き、サウンドトラックは北の重鎮SEI-SUI、そして今回被写体となったマダガスカルの少女の写真を提供をしてくれたのはNAGI YOSHIDA、スピーカーからは、今も心の叫びがアフリカのリズムとともに鳴り止むことを知らない。 GENTA TANAKA -KINGRAFIX- 北海道・釧路生まれ。3歳から絵を描き始める。 シルクスクリーンの技術を得るため上京、創形美術学校に入学。 卒業後、元々交友関係があったHi-STANDARD・難波章浩の呼びかけで、沖縄は名護市呉我に移住。 ULTRA BRAiNのメンバーGENTA BRAiNとして、CDジャケットをはじめ、アニメーションPV制作、グッズデザイン等、トータルヴィジュアルアートワークを担なう。 現在は故郷である釧路を拠点とし、自身が影響を受けたブラックカルチャーを軸に、「絵」というフィルターを通し表現するオリジナルスタイルを貫いている。 全国各地のクラブイベント、パーティーにて、精力的にライブペイントを行う一方、様々なクラブや店舗内へのウォールペイント、オーダーキャンバス作品、自身が手がけるアパレルブランド「phatline」のデザインやCDジャケット、イベントポスターなど、 デザイナーとしても幅広く活動している。 2010年、RISING SUN ROCK FESに参戦。 同年、念願だった初のソロエキシビション、「BLAX in my head.」を開催。 2011年、北見DUB CAFEにてジャマイカをテーマにした展示会「TOP A TOP」を開催。 2012年、マイクジャックプロダクションのB.I.G. JOEが経営するBIG BOY TOYZにて、 2013年には、飛ぶ鳥を落とす勢いのラッパーNAGAN SERVERが経営する大阪MONO ADAPTERにて、2014年、東京原宿にある Bio ojiyan cafeにて「BLAX in my head.」を開催。 GENTA TANAKA official blog >絵描きのリズム NAGI YOSHIDA SEI-SUI(UNDERSTAND)
Share Button

KO

KO

1979年生まれ。愛知県岡崎市出身。デザイナー・イラストレーター。テキスタイルプロジェクト"Stampit"のデザイナーであり、レゲエバンド"GARAGARA"ではギター担当。

CLOSE