Agura Style Vol.5

December 02,2014 /

Agura Style Vol.5という事で、「5」にまつわるMIXです。 曲の流れやジャンル等の音の内容で選曲するのではなく、曲名やアーティスト名、グループ名を気にしながら選曲しました。 その結果、アルバムの中でも特に気にしていなかった曲を改めて聞き直す行為になりました。 これは楽しかったです。 グループ名に「5」がついてる場合は、どの曲も選べるので心強かったです。 いつも選曲がとっ散らかるタイプなのですが、今回ほど持ち玉曲のじゃじゃ馬っぷりを感じた事はないです。 ぜんぜんまとまらない。音で選んでいないので当たり前か。 しかもただMIXを聞いているだけだと、「5」にまつわる選曲をしているかなんてわからない。 つまりただとっ散らかっている選曲にしか聞こえない。 うーん。 負け惜しみみたいな事を書いてしまいましたが、入っている曲は間違いなくいいです。 俺の技量が足りていないだけ。 あ!!!野口五郎いれるの忘れていた! 01 Take Five / CARMEN McCRAE & DAVE BRUBECK 02 Concrete Schoolyard / JURASSIC 5 03 半径5mを超えろ / ISOP 04 555 Crown Street / AUGUSTUS PABLO 05 The Weather / 15-16-17 06 54-46 (Was My Number) / ERNEST RANGLIN 07 Ooh Child / THE FIVE STAIRSTEPS 08 Never Can Say Goodbye / THE JACKSON 5 09 Five Day Trippin' / STARVING ARTISTS CREW 10 黄昏'95~太陽の季節 / TOKYO NO.1 SOUL SET 11 5 Cups / スチャダラパー 12 High 5 (Rock The Catskills) / BECK 13 5/4 / GORILLAZ →(個人的に一番「5」) 14 54th Regimin / MASPYKE 15 秘密の花園 / PIZZICATO 5 16 I like the way (the kissing game) / HI-FIVE 17 She Will Be Loved / MAROON 5 18 Philosophy / BEN FOLDS FIVE
Share Button

smallest

smallest

MC・DJ・プロデューサー。 東京出身。音楽を中心に生活をしている。 LIKE THIS SHOPの店長。 トリカブトのMCとして活動していた時にgaimgraphicsと出会う。 2010年にgaimgraphicsに加入。 Hip Hopを軸にし、世界中のダンスミュージックをディグるバンド、「Dig Dynamics Hip Hop doo-dah Band a.k.a. DIG DEE」のリーダー。 チップチューンユニット「Super Stars」のMC。 「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」のNO SIGHT役。 俳句集団「傍点」同人。 落語好き。 趣味は蒐集すること。 最近、DJの時はXXXSMALL、店長の時はアクツと使い分けている。

CLOSE