FREE TO PLAY : The Movie

May 16,2014 /

やっぱりゲームが好きです。最近はあまりちゃんとしたゲームはやってないんだけど、この写真の頃は仕事そっちのけでかなりやってました。いいバイブスが流れてますね。んで、本題はこのYouTube。「Free to Play」というあるゲームの大会に出場する3人のゲーマーに焦点を充てたドキュメンタリーです。この大会、賞金がなんと100万ドル!約一億円でござーい!すげー! この大会、盛り上がりがすごいです。まあ賞金一億だし。中国はすごくゲームが盛んらしくプロゲーマーがとてもポピュラーみたいです。プロゲーマーてのも日本はあまり馴染みないですが、人生かけてプレイするゲーマー達の光と影は必見。やっぱり家族や回りの人達からのプレッシャーは半端ないみたいです。 んでこの大会のゲームなんだろうと思ったらタイトルは『Dota2』というらしい。知らない。。。日本ではあんまり馴染みがないのか、検索かけても日本語のサイトはあまり出てきません。どこかのインデペンデントなメーカーから発売されてるぽい。世界ではかなりのユーザーがいるぽいです。このゲーム5人対5人で対戦で、曰く、チェスのようなサッカーのようなバスケットのようなゲームらしいです。ファンタジーで、100人以上のヒーローから5人を選択、1つのフィールドの中にある敵の拠点を壊したら勝ちといった内容です。おもしろそう! おもしろそうやら、〜ぽいやら、〜らしいとか曖昧な情報でございますが、このドキュメンタリーはとってもおもしろかったので興味&時間があれば見てみて!(1時間以上ありますけど!)ゲームしたくなってくる!ついでにこのゲームで賞金一億めざしてみませんか? Dota2 Official page
Share Button

Dan Kato

Dan Kato

gaimgraphics所属。デザイナー、アートディレクター。岐阜県出身。ゲーム、アニメ、漫画、野球を見たり、釣り、俳句を嗜む。動物が好き。フレンチブルドッグのパンと同居。

CLOSE